漁魂 大傳丸
漁魂 大傳丸

漁魂 大傳丸へようこそWelcome to daidenmaru.com

社長紹介Greeting

大野和彦

大野和彦(おおのかずひこ)

1959年 千葉県船橋市生まれ。
1982年 明治大学商学部産業経営学科卒業と同時に父の経営する(株)大傳丸に入社。
1989年 同業の中仙丸さんと海光物産(株)を設立。
1993年 両社の代表取締役に就任。
     大傳丸は『漁魂』、海光物産は『KIWAMERO-命』をキャッチフレーズに掲げ、“魚が本来持っている価値を最大限に引き出すこと”で魚食の普及と我が国の食糧自給に強く貢献することを目指す。
2014年 スズキの活〆神経抜きを『瞬〆』と命名し、『漁魂』とともに商標を登録する。
 『江戸前船橋瞬〆すずき』として千葉県ブランド水産物や全国プライドフィッシュ夏の魚に認定される。
2016年 資源管理型漁業への転換を訴え、日本初となるFIP(漁業改善計画)への取り組みを発表。伝統ある江戸前漁業を持続可能なものとするための活動を始める。
2017年 かねてより念願であった2020年東京五輪への江戸前海産物の提供を確定した。

最新YouTube旋網大傳丸から海光物産瞬〆スズキへ



ryousimesi

漁師になりたい奴へfisherman

大傳丸では今年度新規乗組員を今日から追加募集いたします。人員は1名です。30歳くらいまでで体力に自信のある方、漁師になってみたい方は至急履歴書(顔写真の張ってあるもの)を郵送してください。
また、海光物産でも現場スタッフ(正社員)を引き続き募集しております。どちらもご連絡お待ちしております。

海が好きな奴、魚が好きな奴、船が好きな奴
江戸前漁師の歴史と伝統の伝道師を求む!
漁師になって魚を獲ってみたい奴、漁師の技を身に付けてみたい奴
最低保障20~25万円(試用期間3ヶ月15~20万円)
職能に応じて昇給あり!
市場休市日の前日が休み(月に7~8日)
夏季休暇、年末年始大型連休あり!
2010年3月より各種保険完備!
独身寮完備、若干名入寮可!

まずは履歴書を郵送してください(顔写真付きのもの)
その後面接、乗船試験となります。
送り先:〒273-0011 千葉県船橋市湊町湊町3―20-6
株式会社 大傳丸 大野和彦宛
TEL/FAX:047-437-1450

Copyright(c) 2017 漁魂 大傳丸 All Rights Reserved.